スカッとする話やDQN返し、修羅場まとめ話

スカッとする話やDQN返し、修羅場まとめ話

奥様「いえいえ、老人に犬を見せるのが、動物を飼っている飼い主の役目ですからー^^」…( ゚д゚ )

奥様「いえいえ、老人に犬を見せるのが、動物を飼っている飼い主の役目ですからー^^」…( ゚д゚ )

今日の朝あったはなし。

祖父は車椅子だが庭の花や植木を見たいと、朝方から外に出ていた。

恐らくは、近くの川に散歩しに向かう"犬を見る"と言うのが目的だったと思う。

そんな中で二匹の犬を連れた、30歳前半ぐらいだろうジャージ姿の奥様がやってきた。

祖父の好きなキャバリアだっただけに、祖父は直に手を伸ばし犬を呼んだ。

犬は喜んだような顔で祖父の元へ、もう一匹は奥様の後ろへ隠れた。

オレ
「すみませんねー」

奥様
「いえいえ、老人に犬を見せるのが、動物を飼っている飼い主の役目ですからー^^」

オレ
「ちょ、ちょっと……」

奥様
「大丈夫ですよー、老人には聞こえませんって^^」

オレはここら辺で不愉快と言うか、なんか単純に
「嫌な奴」と言う印象を抱いた。

祖父はそれが聞こえてるのか分からないが、近寄ってきた犬を撫でてご満悦な様子。

犬の方も祖父に身体をまかせるなど、かなり人懐こい犬だった。

奥様
「まー、この犬がそんなに人に懐くだなんてー」

まるでローラのように口に手を当てて
「( ゚д゚ )マー」と白々しいリアクションを見せる奥様。

流石に祖父も
「え?」って感じで奥様を見た。

奥様
「この子は元々引き取った犬なんですよ。それも"動物虐待"していた飼い主から。群馬にもの凄く悪いブリーダーがいてですね、20匹ぐらいの死体の山の中から生きていたのは、5匹。その中の二匹なんですよー。あっ、だからこの子(隠れたキャバリア)、こうやって怯えてしまってるんですよね……。今はそうやって、その子も元気にしているけど我が家に来た時は……そりゃね……。怖がって小屋から全く出て来なくて、大変でしたよー……でも、そうやって人に懐いている姿を見ると、ああーよかった。って思えます」

そう言う話をしている中、四六時中ニッコニコ、ニコニコ、と。

祖父
「そうなのですかー」

そっけなく返事を返し、犬へ
「よしよしよし^^」と撫でる。

それを見て奥様一瞬硬直し
「( ゚д゚ )」となってた。

あきらかに悔しいと言った表情だった。
「●●老人ホームで毎週○時からー」と言い
「毎日車で行かなくてはならなく大変ですよw」
「私も●●会に所属していてー」と、笑顔で肩の腕章を見せ、何故か名刺を渡して。

あと有名な愛護団体の会長とのツーショット見せたりしてかなり必死。

祖父
「あんたは偉い人だねー」と返事をするだけで、奥様の顔も見やしない。

奥様は一瞬顔をしかめたと思うと、スマホを取りだし、今の二匹が『救出された当初の写真(グロイ)』を見せ始める。現場写真も見せる。

それで
「この子たちはー!」と熱弁。

奥様
「アナタ、この犬は虐待されていたとか聞いて、何も感じないのですか?」

一通り話終えた所で、奥様はギリリと笑いながら祖父へ尋ねた。

祖父
「そりゃ、可哀想だ、辛かっただろうに、色々考えさせられるなー」

奥様が
「フッ」とやり切った表情になる。

祖父
「……ところで、アンタはこの犬たちを、ブランドバックか何かと思っているのか?」

奥様
「え、えっ?」

祖父
「そうするしか注目浴びれないのか?"虐待されていましたー!"って言うブランド名が欲しかっただけなのか?"動物助けています!"と言う肩書きが欲しかったのか?この子らは別として、お前にはそう言う感情しか抱けない。本当に普通の善良な人間なら、"虐待"と言うトラウマを犬から拭う方が大切じゃないか?犬が完全に人に懐いて、そこで人知れず"あー、良かった"。そうして笑える方がワシは好きだ」

奥様
「( ゚д゚ )……」

こんな感じで硬直したかと思うと、三十秒ぐらいしてから顔をカーッと赤くして、子供の様に泣き出して大変だった。

幸い名刺に書かれていた家電に電話をかけ、息子さんに迎えに来てもらったが何度も謝ってた。

ただ、去り際。

祖父
「ワシなんかより、犬の方がよっぽど耳いいぞー。お前の小言なんか全部聞き取ってるかもしれないぞー」と悪戯に笑いながら言った。

スポンサードリンク

蛇足の完結

元々祖父は、近所でもかなり有名な犬のブリーダーだったらしく、犬が大大大好きすぎるし、団体に所属しないで悪徳ブリーダーを懲らしめてた(仲間と)様な人。

故に、愛護団体にも顔見知りの人がいるらしく、名刺に書いてあった会にも知り合いが居た、名刺から会へ電話し、その人への連絡先を確認。

その後、ことの事情を全て説明。

電話口から聞こえてくる相手は
「すみません」と、何度も謝ってる声。

ただ、最期に。

祖父
「ほんじゃ、虐待されていた犬で、あの野郎(奥様)が一緒に助けたのは本当なんだな?ってことは、虐待されていた犬をあそこまで元気にしたのは本物だな。毛の手入れも、元気な方の犬の表情も、体格も、全部よかったからな!"その気持ちを忘れないように"と、伝えておいてくれ!」

祖父曰く、犬好きに"根から悪い奴"は居ないらしい。

ちなみに、その奥様は最近ここらを散歩ルートに居れた人らしく、近所の犬を飼っている家から『虐待自慢』するから、煙たがられてたそうな。

ただ祖父は
「もう一度、この道通らねーかなー、犬可愛かったなー」と、きつく言い過ぎたのを後悔しているようです。

ネットの反応

34: 2014/09/22(月)

犬まとめられ杉ワロタ。

スカッとは違うと思うけどけど、道徳的に勉強になる話だな。

これを実話だとして捉えたら爺△のフォローが完璧というか、何と言うか立派過ぎる。

ババは釈迦に説法したとしか言えない。(故に創作臭い言われるのだと思います。)……と思ったけど非難の声多いみたいだ。

まあ、俺も愛護団体所属していたことあるけど、正直非難している奴らは、この話の深さが分からない奴か、愛護団体の偽善者だろうね。

それに元でも所属していただけに『写真見せた』と言う行為が腹立たしい。(もっと言えば、何故その写真を保存しているのか……

PR活動だかで見せるならまだわかるが、そう言う場面でなく行ったのだろ。

あからさまに
「愛護団体の私☆(ゝω・)vキャピ」したようなものではないでしょうか。

ただ、投稿者には悪いけど、この話はネットで投稿してほしくなかった。

お爺さんが何故そのような行動を取ったか、どういう思いから愛護団体の人に言ったのか。

また、なぜそれほど行動できたのか、そこらへんを考えて貰いたかった。

恐らく理解できない人が多く
「その台詞カッケー、マネしよう」と言う人物が量産しかねない。

元々感想欄に投稿しようと思ったけど、元スレに投稿しました。

そのついでなので正直言うと、お爺さんが何で愛護団体に所属しない、に疑問を持つ人が多いから、俺の話だけど。

会を抜けたと言うか活動に協力しなくなった理由が、まさにそう言う人物たちの存在が一番の理由。

本業主婦の方々は、本業ブリーダーやリーマンの方々と比べるとやはり会への参加頻度がダントツ一番。

それ故に、自慢BBA状態で幹部になる人が出てくる。小さな団体だと、もっぱらこういう状態だとか……。

てか、名刺に家の番号と会の番号を書いているで、下手したら団体特定できるぞww

俺も二つ知ってるわwwそこは書かない方がよかったなww

コメントお願いします

*

Return Top