スカッとする話やDQN返し、修羅場まとめ話

スカッとする話やDQN返し、修羅場まとめ話

上司がスマートに助けてくれてスカッとするスーパーのお仕事

上司がスマートに助けてくれてスカッとするスーパーのお仕事

スーパーで働いていたとき、私はレジを担当していました。

私の働いていたスーパーは、商品の袋詰めはお客さまではなく、レジ担当が行います。

袋詰めをするときは、重たいものが下に、軽いものが上になるよう、またホットとチルドを分けるなど、気を付けて行っていました。

それでもたまに苦情やクレームがくることもあり、中でも頻繁にクレームをよこすお客さまがいました。

そのお客様のことはレジ担当者たちの間でも、周知の事実だったので、その方にはとくに気を使って接客していたのです。

クレームの内容は、主に袋詰めが汚い、下手だということでした。

せっかくレジで袋詰めをしても、会計のあと、わざとレジ係りに見えるところで、袋詰めの手直しをして見せつけたり、せっかく気を付けて詰めた側としては悲しくなることでした。

頻繁に買い物に来てくれてありがたいお客さまではありましたが、度重なるクレームに頭が痛かったです。

けれど、そんななかスカッとする出来事があったのです。

私がその方の袋詰めをしたあと、お客さまが帰る前に、上司の方がそのお客さまに声をかけました。

袋詰めについて、何度も注意を受けましたので、時間をとって申し訳ないですが確認させてくださいと。

私も特別気を付けていたので、上司からはとくに注意を受けることはありませんでした。

その後もそのお客さまが来たときは上司が声をかけ、不憫があると悪いので確認させて頂くよう申し出てくれたのです。

なんどかこのやりとりがあった後、クレームはこなくなりました。

袋詰めには問題はなかったのですが、うわさによると独り暮らしのご年配の方なので、もしかしたらわざとそのようにクレームをつけてきたのかもしれません。

たかが袋詰めと思われるかもしれませんが、商品がそのせいで痛んだりしたら、お店の売り上げに関わります。

気を張っていた毎日が、上司の対応でスカッとしました。

接客業は、人間関係で悩むことがたくさんあります。

理不尽なこと、納得できないこともたくさんあります。

仕事と割りきって我慢もしますが、理解ある人に助けてもらったとき、本当にスカッとします。

コメントお願いします

*

Return Top