スカッとする話やDQN返し、修羅場まとめ話

スカッとする話やDQN返し、修羅場まとめ話

人の話を聞かずに自分の意見を押し通すお客様に対してスカッとする返し

人の話を聞かずに自分の意見を押し通すお客様に対してスカッとする返し

私が大型スポーツ店で接客・販売業をしていた時の話です。

いつも通り品出しや接客をしていた時の話です。

一人のご年配の女性のお客様から電話でのお問い合わせがありました。

その電話の内容は、
「アンダー○ーマー」の洋服はおいているかということでした。

そのメーカー自体は取り扱っていたのですが、お客様はそのメーカーの名前を間違えて私に伝えてきました。

そのメーカーの名前の一文字も合ってなかったので、最初はお取扱いありませんと丁寧に伝えたのですが、いきなり怒鳴りつけて
「孫がこの店にあるっていったのよ!」と大声で言ってきました。

メーカーの名前がまるっきり違って認識していたお客様。

私は取り扱っているメーカーの名前全てお伝えしました。

しかし、そのお客様は話を聞かず、一方的に攻めるようにイライラした口調で話し続けていました。

困っていると、お客様が
「今から行く、あなたの名前は」と聞いてきたので伝えるとガチャッと電話が切れました。

しばらくしてそのお客様が現れ、対応することになりました。

会った瞬間から嫌味を言われたりとずっとイライラされていました。

すると、お客様が求めていたメーカーの洋服が見つかって、さらに怒りはヒートアップ。
「ないって言ったくせにあったじゃない、時間返せ」など散々言われました。

私はもう聞き流すしかなく、
「こちらのアンダー○ーマー」でよろしいですね?と確認すると、お客様が
「違うでしょ、○○○でしょ!」と間違った名前を堂々と大声で言ったんです。

周りはシーンとなり、他のお客様も一通り流れを見ておりザワザワし始めました。

私はここだと思い、
「失礼ですが、こちらはアンダー○ーマーというメーカーです。今お客様が言ったメーカーだとお取扱いどころか、存在しないものになるのですが、本当にこちらのアンダー○ーマーで良かったですか?」と何度もそのメーカーの名前を繰り返し強調して言いました。

しかもとびきりの笑顔で。

その瞬間、皆の前で恥をかいて口うるさく怒鳴っていた自分が恥ずかしかったのか、ボソッとすみませんでしたと言って買って帰っていきました。

散々言われて気分が悪かったので本当にすっきりしました。

そのお客様が帰った後、周りで見ていたお客様から、
「ご苦労様、あぁいう理不尽に怒鳴るお客様たまにいますよね、頑張ってね」と応援され嬉しかったことも覚えています。

コメント一覧

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 伏せ字のせいでスカが半減。

コメントお願いします

*

Return Top